学生証作成にかかる制作費用をコストダウンさせる方法!

学生証作成にかかる制作費用をコストダウンさせる方法! 学校では新入生が入学する度に、学生証を新しく制作しなければなりません。
数百枚もの学生証をつくる際には、どうしても多額のコストがかかるものですが、できるだけコストダウンさせたい場合に取ることができる方法にはどんなものがあるのでしょうか。
学生証の制作コストは、身分証明書以外の機能を持たせないようにすれば少なくさせることができます。
近年は、学生証にICチップを埋め込んで、電子マネー決済機能や、入退室および出欠の管理など、様々な機能を持たせている学校が増えていますが、このICチップの搭載をやめるだけでも1枚あたりの制作費用を相当下げることができます。
ここから、磁気ストライプやバーコード、QRコードなどをつかうのをやめて、ただ紙やプラスチックカードに個人情報を印字しただけのものにすることでさらに制作費用を抑制させることができますが、機能を削減しすぎると利便性や効率が失われてしまう可能性があります。
また、印字する内容を必要最低限のものにとどめておくことでも、制作費用の削減が可能です。
身分証明書としての機能は、顔写真、名前、性別、生年月日、有効期限が記載されていれば十分なので、それ以外の事項を印字しないようにすれば制作費用を安くすることができます。

学生証を提示して受けられる学割サービスの特徴

学生証を提示して受けられる学割サービスの特徴 学生証を所有していることは学生であることが証明されますが、学生といえば経済的な能力が存在しないことが前提になっています。
そのため経済的な能力が存在しない学生を救出しようとする社会的な取り組みがあり、様々な場面で学生だから受けられる特権やサービスが存在したりします。
その一つが通学用の定期券を購入する場合で、学生証を提示することで学割を受けることが可能です。
また帰省などのシーンでも鉄道乗車券を購入する場合には学割を使うことができ、その場合は学割証と学生証が必要とされます。
他にも携帯電話などの契約でも学割を受けることが出来たり、映画館・美術館、学生向けの飲食店などでも料金の割引サービスを受けることができたりします。
多くはサービス内容が一般料金よりも割安になることが多い特徴があり、学生であることはそのまま経済的な恩恵を受けやすいことにも繋がっています。
生協などを利用すると学生証を提示すれば、それだけで書籍やCD、DVDを購入する時に割引されることもあり、学生生活をエンジョイするための優れた存在です。

新着情報

◎2018/6/1

学生証で出欠をとるメリット
の情報を更新しました。

◎2018/4/6

学生証の写真を撮る時のコツ
の情報を更新しました。

◎2018/2/8

卒業後の学生証
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

学生証をICカード化
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

学生証の作成見積もり
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイトを公開しました

「学生証 学割」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/gflrjcos/wilkiebirdsall.com/cost.html on line 1

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%AD%A6%E7%94%9F%E8%A8%BC%E3%80%80%E5%AD%A6%E5%89%B2): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/gflrjcos/wilkiebirdsall.com/cost.html on line 1